マレーシアの首都クアラルンプールで強盗にあった体験記

「マレージアは大丈夫。比較的安全。」

私がこの旅に出掛ける前に聞いていた言葉でしたが、今では印象が180度変わりました。それもそのはず、マレーシアで強盗にあったのです。大学生時代に友人とマレーシアに旅行に行った時の話を書いてみたいと思います。もちろんノンフィクション。

大学時代の海外旅行で友人とマレーシアへ

当時大学生だった私と友人Oは、旅行でマレーシアのKL(クアラルンプール)に4日間の旅行に来ていました。海外旅行していなかった私と友人は、多文化国家であるマレーシアのパワフルな日常生活に圧倒されながらも、日本とは全く違う東南アジア独特の旅を楽しんでいたのですが。。

ブレイクダンス集団を発見

旅3日目、繁華街を一日中歩き回っていたところ、路上でブレイクダンスのストリートパフォーマンスをしている若者達を見かけます。当時ブレイクダンスに夢中だった私は、彼らのパフォーマンスにテンションが上がって自分のダンスで乱入。

「なんだコイツは!?」という感じで瞬く間に盛り上がり、熱いダンスセッションを繰り広げました。

セッションが終わり、参加していたダンサー達とあいさつへ。

次々と人が集まって来て、様々な質問を浴びせられます。私も友人Oもすっかり有頂天で、すっかり皆と友達になったような気分。今思えばこの時に違和感を感じるべきだったのかもしれません。話かけてきた人数が、実際に踊ってた人数よりも圧倒的に多かったのです。

トラブルの予感が

皆と記念撮影をした後、「これからどこに行くんだ?」と聞かれたので、「飯を食べに行く」と答えます。皆がワイワイしている中で一人まじめそうな若者が「すぐに帰った方がいい」と忠告してきました。私と友人Oは、「まあここらへんは治安が悪いから気を付けろっていう意味だろう」と思い、気にせず夕食へ出掛けることに。

ブラマヨ吉田似の男につきまとわれる

皆と別れの挨拶をし、レストランを探して歩き始めた時、一人のブラマヨ吉田似の男「街をガイドしてやろうか?」と言ってついて来ました。

さっきまで皆フレンドリーで楽しく会話していたので断りにくいと思いながらも、「悪いけど必要ないから、ついて来ないでくれるかな」と断わったにも関わらず、「お願いだからガイドさせてくれ」と引き下がってくれません。しまいには、「メシだけ喰わしてくれ。そしたら帰るから」と言ってきたので、強い口調で「帰れ」と怒鳴ったところ、ようやく帰ってくれました。

トイレを探していた瞬間

その後、友人がどうしても小便がしたいと言い出したためトイレを探す事に。東南アジアの国では公共トイレが少なく、レストランのトイレも客以外には使わせてくれない事が多いので中々見つかりません。「立ちションするしかない」という決断に至り、人通りの少ないガレージに移動。ついでに私もする事に。

2人で草むらに向かって立ちションをしていたその時。。

後ろから誰かにいきなり首を羽交い絞めに押さえられる

羽交い絞めされたまま草むらに引き倒されると、前にはさっき「ガイドさせてくれ」としつこく迫ってきたブラマヨ吉田似の男がナイフを突きつけてきました!もう一人の男は自分のポケットをまさぐるという、それぞれの役割分担がきっちりとされた計画的な犯行でした。

友人Oも同じ状況。「これはヤバイ」と思い、素直に財布を抜き取らせました。

ブラマヨ吉田似の男が「Kill you!!」と言ってナイフを近づけて一喝してきた後、6人は走って去って行きました。友人Oはかなり抵抗した為、アザがはっきりと残るほど首を絞められた様子でした。

犯人の捜索へ

強盗集団の情報を探りに、先程まで一緒にセッションをしていたダンサー集団のところへ戻ります。しかし、彼らは強盗集団の事を全く知らないらしく、ダンスセッションの時にドサクサに紛れて混ざってきただけだ、との事でした。

その後警察所へ行き、被害届を書いてもらうために取り調べを受けることに。当時英語が全くできなかった私と友人は夜中の3時頃まで取り調べが続きました。。取られたモノは財布とカメラだけで、幸いにも保険で現金以外は戻ってきましたが。

この時学んだ事は、「やっぱり立ちションはアカン」という事ですね。

後は、強盗に逢っても保険に入っていれば大体の分は戻ってくるんで、抵抗はしない事。友人Oの首のアザは2週間くらい治らなかったそうです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です